女性のひげが生えるのは?

女性のひげが生えるのは?

女性のひげが生えるのはなぜでしょうか?産毛なら生えるのは普通でしょうが、ひげまで生える女性が急増中とのこと。
本当にびっくりな事実ですが、これはホルモンバランスの崩れで女性なのにひげが生えることになっているのです。

 

ひげが生えたら自己処理するか病院かエステとなりますが、いきなりエステや病院に行く前に、なぜ女性にひげが生えるのかを知ってからでも遅くはありませんよね。
女性ならひげが生えてきたらびっくりしてその場で抜いてしまうからそり落としてしまいますよね。

 

でも、その前にちゃんとして原因を知ってから、女性のひげに対処するのが他のトラブルを起こさなくてよくなります。
もちろんひげですから、女性の社会人としてのマナーで処理するのは仕方がありませんが、やみくもに原因不明のままで、ひげを剃り続けるというのもおススメできません。
できれば、ちゃんとした女性のひげに関する知識を備えた上で、原因に対処するようにしましょう。

 

「女性なのに顎に数本ひげが生えてきた」という人は、30代の女性で多いのです。
それも濃い産毛ではなく、しっかりとした硬い毛です。女性なのにひげが生えてしまうのは、ホルモンバランスの激変が原因です。

 

ひげが生えたからと言って、女性がオス化するわけではありませんが、性的特徴を左右するホルモンバランスに影響が出ているのはわかりますよね?
つまり、女性ホルモンが減っているということです。

 

女性ホルモンは主に卵巣で作られるため、閉経を迎える50歳ころになるとさらに女性ホルモンが減少し、ホルモンバランスが崩れることで更年期障害の症状が出てします。
女性ホルモンよりも男性ホルモンの方が優位になればテストステロンの働きが活発になり、ひげに限らず全身の体毛が濃くなる可能性があります。

 

この症状は誰にでも起こりますが、それ以外にも女性ホルモンが減少してしまう原因や、男性ホルモンを活発にしてしまう原因がたくさんあります。
女性の体はとてもデリケートで、ストレスや睡眠不足、食生活の乱れによってホルモンバランスは簡単に崩れてしまいます。

 

男性ホルモンが優位になる原因は、性ホルモンのバランスが崩れることによるものが多く、自律神経の乱れによって男性ホルモンが活発になってしまうこと
女性ホルモンが男性ホルモンを抑える力が弱まることが主な原因です。

 

ですから、“女性ホルモンを増やすことだけ”や“男性ホルモンを抑えることだけ”が大切なのではなく、乱れているホルモンバランス整えることが大切です。
バランスですから、極端なことをせずに、もとのバランスに戻してあげることを考えてくださいね。
どちらも必要なホルモンで、重要なのはそのバランスです。

 

ひげは男性の特徴であるため、何らかの原因で男性ホルモンが女性ホルモンより優位になっていると、女性でもひげが生えてきます。
元のバランスに戻すには、自分が快適に過ごし、睡眠をとって規則正しい生活をして、人間らしく寝る前にスマホなんてみないで寝ることです。

 

⇒女性のひげ用クリームがあるって知ってましたか?